nanotsudioがMIDI・パラ出しやSoundCloudに対応 | combuのDTM & ミキシング

combuのDTM & ミキシング

この記事に含まれるタグ :
iPhone  Android  SoundCloud  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://combudtm.blog27.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

nanotsudioがMIDI・パラ出しやSoundCloudに対応

   ↑  2010/10/10 (日)  カテゴリー: DAW・ツール
nanostudioがアップデート

iPhoneのDTMキラーアプリであるnanostudioが機能追加アップデートを行ないました。
nanostudioは、VAシンセサイザーEdenと、ドラムサンプラーTRG-16を搭載したシーケンサー・DAWアプリです。

表題のMIDIやエクスポート機能のほか、かゆいところに手が届く良いアップデートでした。
また、SoundcloudやLine6 Midi mobilizerにも対応。
プロジェクトファイルを丸ごとエクスポートも可能になり、外部との連携やファイルのやりとりがますますやりやすくなります。


待望のMIDIファイル出力が可能に

Nanostudioを起動後、Song Editor画面に入ります。いわゆるシーケンサー、MIDI編集画面です。

nanostudioのシーケンス画面

ここのtoolからMIDIタブを選ぶとMIDIファイル形式でのエクスポートが可能に。

nanostudioのMIDI出力画面

Exportを実行したファイルは、このままPC/MAC用のソフトNanosyncを使用してWifi経由でやりとりすることができます。

また、iPhoneでのDTMに便利なLine6 Midi mobilizerに対応したとのこと。

nanostudioのMIDIコントロールオプション画面

Manage機能のMidiタブの画面から、Midi入出力オプションを指定できます。MIDIコントロールのパラメータ指定やその他オプションも各種選べるようです。(実機を所持していないので試せていません)

トラックごとのパラアウトが可能に

nanostudioでのproject管理画面

今までmix to wavだった表示が「Mixdown」に変更。多くのオプションが出現しました。

nanostudioでパラアウトが可能に

outputの欄には以下のオプションが。

  • Final Mix(全トラックをミックスダウン)
  • Instrument Tracks(トラックごとのパラアウト)
  • Individual Parts(Song EditorでSplitして分割した部分をそれぞれ出力)

今までファイルをレンダリングして音声ファイルにするには、最終MIXからしか方法がありませんでした。そのため、個々のトラックが欲しい場合はいちいち他のトラックをミュートして出力する必要がありました。

今回のアップデートによって、Instrument Tracksのオプションが出現。トラックごとのパラアウトが可能に。
ミックスにこだわりたい私が個人的にうれしい機能。地味ですが。できればセンドトラックは別出力、ドラムのPAD毎に分けるオプションも欲しいところです。
完全な余談ですが、Cubaseには5になるまでこのトラックごとのパラ出しが出来ませんでした。

また、エクスポートできるファイル形式も以下から選べるようになりました。

  • Wav
  • Ogg(64Kbps)
  • Ogg(128Kbps)
  • Ogg(256Kbps)
  • Zipped Wav

私はwavしか使いませんが、地味にうれしいですね。

その他、クリップボードにコピー等、アウトプット面では細かいところに気を配ったアップデートです。

SoundCloudへのアップロードが可能に

今注目の音楽ファイル共有SNS、Soundcloud。現在、私のほうでもCCライセンス素材の探し方や、ブラウザで動くDJアプリなどの記事を書いていますが、SoundcloudにNanostudioから直接アップロードが可能になりました。

nanostudioからsoundcloudへのアップロード

Manage画面からSoundcloudアイコンの「Share」をタップ。アカウントにログイン後、ファイルを指定してアップロードできます。

ライセンスの指定や公開範囲の指定(Public、Private)も指定でき、多い日も安心(?)です。

急造・未完成のうえ下手でお聞き苦しいですが、下記がnanostudioにて制作し、Soundcloudにアップしたトラックです。

One ( nanostudio ) by combu

また、soundcloud内のnanostudioグループにもアップ可能となっています。

その他、地味にうれしい機能アップ

  • ミキサーがPan(LーR)対応に(いままではドラムのPADのみPanに対応でした)
  • プロジェクトファイルのエクスポートが可能に(.nsp オーディオ、MIDI含むファイルで、iphone/iPad間のやりとりに)
  • 既知のバグ修正

進化する極小のスタジオ、nanostudio

Androidに比べて格段に多いiPhoneDTMアプリですが、個人的にもっとも注目しております。というか、ぶっちゃけてnanostudioのためにiPhoneを買ったと言っても過言ではない。嘘ですが。

ここでは詳しく記しませんが、とにかくリアルタイム録音、PAD、MIDI編集(シーケンス)がやりやすい。特に、タッチによるMIDI編集がやりやすくてUIも良く快適です。

一画面での情報は少なくなりますが、Cubaseよりも快適に編集できています。これは本当。

ざっと録音しておいて後で細かい編集をする、という形でのシーケンサー利用はDTMやるなら誰もがすると思いますが、それが非常にやりやすくなっています。鍵盤は使いづらいけど。
しかしまさかSoundcloudにまで対応するとは思いませんでした。今後も動向に目が離せませんね。

nanostudioはApp storeにて1,700円で販売中です

app storeリンク

nanostudio 公式サイト

関連記事

この記事に含まれるタグ : iPhone Android SoundCloud 

http://combudtm.blog27.fc2.com/blog-entry-12.html

2010/10/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

関連記事

Loading...

PR:[猫カフェ]futaha

Comment

コメントを投稿する 記事: nanotsudioがMIDI・パラ出しやSoundCloudに対応

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。